フェイスリフトで本気のエイジングケア|負担が少ない美容整形

たるみをリフトアップ

顔の手入れ

確実に若返る手術

顔のたるみのリフトアップができる美容整形の中でも、確実な効果がある手術がフェイスリフトです。フェイスリフト手術は、たるみやシワをしっかり取ることができて、一気にマイナス10才は若返ることができます。ヒアルロン酸やボトックスなどの注入系のシワ取りは、一時的な効果しかないので繰り返して注入する必要があります。しかし、フェイスリフト手術は一回の手術でしっかりたるみがリフトアップできて、効果は長期的に続きます。30代や40代のまだそれほどたるみが深刻でない年代であれば、ハッピーリフトやスプリングスレッドなどの糸による治療も有効です。しかし、50代60代になると糸だけでリフトアップするのは難しくなるので、フェイスリフト手術がお勧めです。

部分的にリフトアップ

フェイスリフトは美容整形ができる美容外科で出来ます。フェイスリフトといっても、クリニックによって切開する部分や範囲、リフトアップの仕方などが異なります。基本的に耳の前の付け根の部分に沿って切開します。手術後の傷跡はほとんどなくなりますが、気になる場合でもなんとかヘアスタイルで隠せます。フェイスリフトよりも簡単にできるのがミニリフトやこめかみリフトなどの部分的なフェイスリフトです。通常のフェイスリフトの場合は、顔全体の皮膚や筋肉を引っ張り上げます。しかし、ミニリフトやこめかみリフトではたるみが気になる頬やこめかみの部分だけ引き上げます。局所麻酔で出来るので体への負担が少なく、ダウンタイムも短くなります。